トップページ | すっかり夏気分で »

2005年6月10日 (金)

ロンドンより

ようやく投稿です。

現在ロンドンで、フルタイムの学生としてホメオパシーを勉強中です。

留学前は金融系の会社で働く、ごく普通(?)のサラリーマンでした。

私は29歳の夏に、睾丸癌の診断を受け、入院・手術を経験しました。あの時は、「世界の終わり」でしたねー。

よりによって何でこんな所が???恥ずかしいやら、恐ろしいやら・・・

一応、睾丸癌は、最も生存率の高い癌の1つに数えられています。とはいえ、転移・再発に苦しむ人も少なくないと思いますので、私は運が良かったのかもしれません。手術時に転移が発見されなかったため、抗癌剤も放射線治療もやらずに退院出来ました。癌患者の体験談としては全然ドラマティックじゃないですし、この呆気無さに感謝すべきですけど、これはまだ序章に過ぎなかったんですね。その辺りの事は、別の機会に書こうかと思います。

たまにWEBを検索していますが、意外と睾丸に悩みを抱えている人が多いんですよね~。

さて、ホメオパシーですが、最近日本でも雑誌等で取り上げられる機会が増えてきている様で、興味を持っている人も多いのではないかと思います。ブログで取り上げている人も結構いますね。

しかし、日本にいる友人たちの話を聞くと、「正しい情報が提供されているのかな?」と疑問に思うこともしばしば。ホメオパシーは、現代医療とは相当違うコンセプトを持っていますから、ホメオパシーが日本で健全に発展するためには、特にホメオパス(治療者)と患者さんの双方が正しい認識を持つことが必要ですが、関連書籍を筆頭に、情報があまりにも少ないというのが現状ではないでしょうか?

私は上記の通り、まだ学生の身ですが、ホメオパシーの本場英国で学んだ事、発見した事等を発信することで、ホメオパシーに興味がある人たちとの情報共有を目指しています。

日本にホメオパシーが良い形で定着することを願って!

ロンドンはこの時期、夜は9時過ぎまで明るく、すっかり夏モード。といっても日本のような蒸し暑さは無く、また涼しい日も結構あり、1年の内で最も良い時期じゃないでしょうか。

ビールが美味しい季節です!うーん、勉強に身が入らない・・・?

トップページ | すっかり夏気分で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113413/4491369

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンより:

トップページ | すっかり夏気分で »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ