« アタマが・・・ | トップページ | セルフ・ケア1 »

2005年11月21日 (月)

鳥インフルエンザ

ロンドンは今日、凍りつくような寒さだった・・・
今年の冬は、この50年で一番の寒さだという予想もある。
が、イギリスの天気予報は当たらないことが多いので、大寒波到来の予想も外れることを祈っている・・・当たっているような気もしてきたが。
とりあえず、風邪を引かないように気を付けなくては!

さて、インターネットでニュースを見ていると、最近の鳥インフルエンザ流行への懸念から、新型インフルエンザに対する最後の切り札とされる薬「タミフル」についての記事が目に付く。
突然死とか異常行動死とか、物騒なことも言われている。
私は9年以上、いわゆる西洋医学の薬を飲んでいないので、こんなの飲んだらどうなってしまうんだろう?
タミフルの副作用については、まだ結論が出ていないようだが、副作用があるかどうか分からないという不確実性もリスクとすれば、それほどのリスクを冒してまで、飲む必要があるのか、別の言い方をすると効果のある薬なのか?

Yahoo! ニュースに掲載されている、2005年11月21日付の毎日新聞の記事から;
◆「通常なら必要性低い」
 タミフルの添付文書によると、効果を得るにはウイルスが増える前、発症48時間以内に飲む必要がある。熱のある期間が平均約1日縮まり、熱の高さや関節痛も緩和される。
 肺炎などの合併症を減らす効果を示した海外の論文もある。ただ、厚労省がインターネットで公表している解説資料には「合併症などの重症化を予防できるかどうか、まだ結論は得られていません」と記す。
(中略)インフルエンザにかかると4日程度、発熱が続くことが多い。日ごろ健康な人なら、薬を飲まなくても回復する。日本小児科学会で感染症担当の理事を務める、加藤達夫・聖マリアンナ医大横浜市西部病院長は「タミフルが必要なのは、熱が4日続いたら困るという人だ」と説明する。
 これらに該当するのは発熱期間が長引くと病状が悪化しやすい高齢者、心臓病や慢性の呼吸器病の人などだ。また、健康状態とは別に「入試が近い」「忙しい」など一日も早く治りたい場合も考えられるという。
 加藤院長は「これ以外の人には必要性はあまり高くない。でも最近は自分からタミフルを希望する患者が多い。医師は必要ないと考えても、断りにくい。飲んですぐ治る万能薬ではない」と話す。
 厚労省の解説資料はタミフルが効かないインフルエンザウイルスが現れていることも指摘し、「むやみな使用は慎むべきだ」と書いている。
(引用終わり)

しかも日本は世界の7~8割を消費しているという。この手の薬の乱用は、耐性菌を発生させる土壌となる。というか、既にタミフルは徐々に効力を失っていると聞く。
この薬に、なぜ世界各国が躍起になって備蓄を進めるのか?私の貧しい脳みそでは理解できない。

ホメオパシー・ファンの人たちは、こういう時やはり「鳥インフルエンザに効くレメディ」というのを探すんだよねぇ・・・私だってホメオパシー学生じゃなかったら、そんなレメディに飛びついているに違いない。
実は今、私も探しています。勉強のために。
インフルエンザになった人が、誰でもそのレメディで治るとは限らない。人によってはRhus-Tかもしれないし、Acon、Gels、Bellかもしれない。レメディは、あくまで各個人の状態に対応するものである。
しかし、異常に強力なウィルス等による流行性の病気には、ある種の強い傾向やパターンがあるとも考えられるので、ホメオパシー学生としては、知っておくのは良いことだと思っている。

で、見つかったのかって?
まあどうせ誰かしら見つけるだろうから、1つ書いておきます。
英国Helios社のサイトに、「Bird flu」というページが設置されている。
でも、注意深く読まないといけない。
まずは「根本体質レメディがベスト」だと書いてある。そしてそのために「ホメオパスに相談せよ」としている。
ここを読み飛ばしてはいけない。大事な所である。
ホメオパスに相談しない人は、セルフ・メディケーションで治らない危険を承知の上、それ以下の情報を活用しなければならない。
もっともホメオパスに相談したから治るという保証も無いのだが、しかし、「根本体質レメディが優先される」ということは、頭に入れておくべきだ。

もう1つ、こういうサイトもあるので、ご参考までに。
http://www.homeopathic.com/ 

出来れば、根本体質治療でなくても、ホメオパスに相談されることをオススメします!
そして何よりも日頃の体調管理と、風邪を引いた時は休養が第一です。
日本のビジネス・パーソンは大変だけど、鳥インフルエンザか?と騒がれる時には、さしもの上司も「休め、休んでくれ!」と言うことでしょう・・・ダメ?(^ ^;

おっと、また夜中になってしまった・・・私も体調管理に気をつけなければ!

« アタマが・・・ | トップページ | セルフ・ケア1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113413/7245418

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ:

« アタマが・・・ | トップページ | セルフ・ケア1 »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ