« 一段落・・・そして、帰国準備 | トップページ | 理想のメニュー2 »

2006年10月 4日 (水)

理想のメニュー1

ここ数ヶ月、果食主義(?)っぽくなっている。
キッカケは、

「フィット・フォー・ライフ」
ハーヴィー&マリリン・ダイアモンド著 松田麻美子訳 グスコー出版

を読んで。
実はこの本、以前は違う日本語タイトルで出版されていて、それも読んでいたのだが、最近になって新訳+補遺で出たので、改めて読んでみようと思ったのだ。

癌になって10年(あら、もう10年経ったよー)、食事の健康に占める重要さを痛感している私は、ダイエットや食事療法の話題に常に関心がある。

最近、関心があるだけでなく、改めて自分の食事を見直そうと思った。
原因の1つは、日本で取り組んでいた方法を、イギリスで維持するのが難しかったことである。
そしてもう1つは、自分が健康に不安を抱えているからに他ならない。

ホメオパシーがあるじゃないかって?
まあそうなんだけど、食事は最大のMaintaining causeの1つだから、これが改善されないと、治している傍から壊していることにもなりかねない。
ライフ・スタイルを改善することで治る部分は、レメディを使わないで治すのが理想だと思う。(ホメオパシーの創始者・ハーネマンだって、そういう考えだ)
そうは言っても難しいんだけどねぇ・・・食事って、最も変えるのが難しい生活習慣だと思う。
私みたいに相当病気で懲りた人か、元々かなり意志の強い人でないと。

で、果食主義的になってどうだったか?
すごーく体調がいいんですっ!

そんな訳で、少し食事について書いてみようかな~と思い始めた。
この本の通りに、私が完全に実行してる訳ではないけれど。

« 一段落・・・そして、帰国準備 | トップページ | 理想のメニュー2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113413/12143750

この記事へのトラックバック一覧です: 理想のメニュー1:

« 一段落・・・そして、帰国準備 | トップページ | 理想のメニュー2 »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ