« 科学と宗教 | トップページ | 分類とか »

2007年6月11日 (月)

頂上対決

ごめんなさい、テニスの話題です。
(謝る必要は無いのか・・・)

フレンチの決勝を、朝まで観てました。

やっぱりラファ(ナダル)が勝ったなー。
特に調子が良いとも思えなかったが、
ロジャー(フェデラー)が攻め切れなかったねぇ。
後半になって、ラファがロジャーのフォアサイドにボールを散らし始めた(始める事が出来るようになった?)あたりから、
やっぱラファの勝ちだなと思った。

テニス自体は、ロジャーが好きなのだが、
この2人が対戦すると、なぜかラファを応援してしまう。

ロジャーが強すぎで面白くないっ!というのはある。
フレンチでもロジャーが勝つと、一体誰が彼に勝つの?
というぐらい強い!!!

どうやら、やや苦手とされるクレーでも、
ロジャーに勝てるのは、ラファだけになってしまったようだ(強いねー)。
フレンチでも決勝まで1セットしか落としてないよー。

ちなみに、去年のウィンブルドンで、1セットも落とさず決勝まで行ったロジャーから、
唯一セットを取ったのが、何とラファだった。
今回フレンチでは、ラファが唯一セットを落とした相手がロジャーだった。
ラファのクレーの連勝を止めたのはロジャーだったが、ロジャーの連続グランドスラムを止めたのはラファだった。

こういう計算は、選手はしないんだろうけど、
前週のハンブルグで、ロジャーがラファの連勝を止めなかったら、
フレンチでは、もう少しロジャーが精神的に有利だったかもと思う。
連勝記録止まって、ラファは少し楽になったんじゃないかな。

いずれにしろ、クレーコート81連勝ってのは、
しばらく破られることはないだろうね。
出来るとしたら、ラファ自身だろう。

アガシが、昨年引退したUSオープンで、
「ロジャーが殆ど持って行ってしまって、残り少ない部分をラファがキレイサッパリ掃除しちゃってる」ってな事を言っていたが、
まさに現状、その通りとなってしまった。

「決勝戦は予想通りの対決」でも良いけど、
そこまでの過程で、せめてハラハラドキドキさせてもらいたいから、
他のプレイヤーたちにも、もっと頑張ってもらいたいねぇ。

ウィンブルドン、楽しみですね。
ラファが決勝まで残れば(途中でコケるかもしれんけど)、またいい試合が観れるだろう。
ロジャーは、ラファが苦手だし。

ウィンブルドンにしても、ローランギャロスにしても、
去年は、あそこに観に行ってたんだなーと思うと、妙に懐かしいものですね。

月曜休みでヨカッタ・・・5時まで起きてるのはツライ。

« 科学と宗教 | トップページ | 分類とか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113413/15397469

この記事へのトラックバック一覧です: 頂上対決:

« 科学と宗教 | トップページ | 分類とか »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ