« おいおい・・・ | トップページ | 何度も何度も・・・ »

2007年10月 5日 (金)

第4回 世界一元気 ガンの患者学ワールド

9月29日(土)、NPO法人 ガンの患者学研究所主催
第4回 世界一元気 ガンの患者学ワールド」に参加した。

イギリスから帰国後、この「ガン患研」をネットで発見して以来、
このNPOの主張、活動主旨に激しく賛同しており、
今回の「ワールド」を非常に楽しみにしていた。

朝の10時から夜の7時までという長時間ながら、
しかも海老名という、そうアクセスの良い場所でもないのにもかかわらず、
広い会場は一杯!(ちょっとしたコンサートホールぐらいの広さ)
しかも、後で気付いたのだが、これらの参加者の多くがガン患者なのである。

実はこの日、私自身も「治ったさん」として認定(?)されることになっていて、
いわば励ます者の立場での参加だった。

講演者の方々は、その道では有名な先生方ばかり。
皆さん、シリアスな話あり、笑いありの、貫禄ある講演で非常に楽しめた。

講師の1人、ゲルソン療法で有名な星野仁彦先生が、
たまたま少しだけ私の隣の席にいらしたので、少しだけお話をさせていただいた。

食事の話になると、先生「手を見せてください」とおっしゃる。
「はぁ?」と思いつつ、手を見せると、先生もご自身の手を私の手に並べられて、
「ほら、私の手は、にんじんジュースで、にんじん色でしょう」
なるほど、凄いにんじん色!(笑)

私が、「ゲルソンは、ちょっと厳しすぎるのでやらなかった」と言うと、
オリジナルは、厳しすぎて続けるのに無理があるとのこと。
星野先生も、少しアレンジしているようだ。
再発予防だったら、かなり緩めて実行しても大丈夫と仰っていた。

「でもね」と、内緒だけどっていうポーズで口を手で覆って、先生は小声で、
「ガンになっても、ゲルソンと尿療法で、かなりの人が治りますよ」
とのこと。
最近、先生のクリニックにも相談に訪れる人が増えたようだ。
クリニックのリンクを貼る事も、ご快諾頂いた。

ちなみに、尿療法、私でさえも、結構「ゲゲッ」と思っているのだが、
尿療法をやる人が案外多いということが、1日参加してみて分かった。

玄米菜食やってると、尿の匂いも「フルーティ」だとか・・・
ホメオパシー的に言うと、これは一種のオートアイソパシー(Autoisopathy)なんだね。
そう思うと、おかしなことでないなと思う。
私自身は、いまだに行うに至っていませんが(苦笑)

ちなみに星野先生ご自身は、
大腸がんから、転移性肝臓ガンで、5年後生存率0%(17年前当時)を、
ゲルソン療法で吹き飛ばした人である。

星野先生の他、寺山心一翁先生や、引き受け氣功の藤谷康允先生とも、
ほんのカタコトながら、お話をする機会があったのも貴重なこと。

ワールドを通じて、共通して感じられたテーマは、

  • 3大療法だけでは治らない
    特に、抗癌剤、放射線は、免疫を著しく下げる
  • 情報や広告のウラに何があるかを良く考えて取捨選択すること
  • 食事や生活習慣を変えることは、やはり重要
  • 笑うこと、人生に感謝して楽しむこと
  • ガンは人生からのメッセージ
    心を変え、人生を変えた人が、治っている。逆に言うと、どんなに食事を徹底しても、心が変わらないと、真の治癒は難しい。

そして何よりも、
会場に、全国から、こんなにたくさんの、治ったさん、そして「これからさん(治る過程にある人、治療中の人)」がいるということ。
これらの人の多くが、
3大療法を放棄し、あるいは現代医療から見放され、
自然治癒力で、「自分で」治した、治している人たちであるということである。

恐らく、(私も含めて)これらの人は、世に出てくる統計の外にいる。
こういう世界があるということ、知らないのはもったいないですよ。
えもいわれぬパワーを感じて、何度も、じーんと来た。

なんか、私なんかが治ったさん認定されて、かえって恐縮だなぁ・・・という感じもある。

認定式は、1日の最後の方に行われ、
その後、「これからさん」が1人1人壇上に上がり、治る宣言をして、
みんなでその人に「治ったコール」をするのが恒例とのこと。

私も壇上、後方からエールを送ってきました。
これからさん達の人数も、これまた凄いもので、それを1人1人。
でも、全員が優しく、そして熱いエールで最後まで。
7時の終了予定だったが、8時ぐらいまでエールが続いた。

講師の先生方も、これからさんと握手。
寺山先生が、フィンドホーン式(?)に、1人1人温かくハグをされていたのが印象的。
イギリス時代をちょっと思い出しました。

私は、激励する立場だったハズなのだが、
逆に凄い勇気と、感動と、元氣をもらって帰ってきました。
こりゃぁ、ウカウカ再発も出来ませんよー(笑)

« おいおい・・・ | トップページ | 何度も何度も・・・ »

ガンを癒す」カテゴリの記事

コメント

治ったさん、おめでとう!!
これからもRemedyでたくさんの治ったさん育成に貢献してくださいね。

いいですね!!この会。
いろんな方向からの効果や、よいエネルギーについて考えさせられました。
読んでいるだけで、その会場の雰囲気を感じられて、私もちょっぴりポジティブに☆
Samさんありがとうございます!
やっぱりゲルソン療法はオレンジ色なのだなぁ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113413/16667523

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回 世界一元気 ガンの患者学ワールド:

« おいおい・・・ | トップページ | 何度も何度も・・・ »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ