« ガン闘病:ダイジェスト | トップページ | 超過勤務~追記 »

2008年2月 5日 (火)

超過勤務

前の記事で、以前勤めていた会社での激務について少し書いた。

今、マクドナルドの店長さんの残業代未払い問題がTVなどでも出ているが、
このニュースを観る度に、自分の数年前を思い出してしまう。

一番大変だった時は、
ホテル泊まり・・・と言っても、数時間寝るだけ。
ん?数時間も寝てると、そんなに大変そうじゃない?

いやいや、会社のすぐそばのホテルに泊まって、
往復の通勤時間を限りなくゼロにすると、一応数時間は寝れるのですよ。

勤務時間は、朝は少し遅めにしてもらっても、
月曜から金曜まで、夜中のと言うか、明け方の3時、4時まで。
遅い時、いや朝早い時で、6時、7時とか。

それでホテルの部屋に戻って、酷い時は朝食を食べて寝る。
頭が冴えて寝れない時は、朝にビール飲んで寝てたんだ。。

土曜の朝、チェックアウトして、荷物を宅急便で自宅に送ってから、仕事をして帰宅。
日曜日にまた荷物をホテルに送って・・・そんな毎週だったね。

私のいた会社は、非常に良い会社で、
私のような特殊な勤務形態になってしまった人たち(関係部署の人たち)には、
特例で、残業代全額支給してくれていた。
規則上、ホテル代もタクシー代も出ないはずだったが、それも出してくれた。

だからという訳ではないだろうが、不思議と倒れる人とか、
身体を壊す人は殆どいなかったかな。
まあ、こういうのって案外、後になって響いたりもするんだろう。

マックの店長さんは、管理職扱いだったから支給されないという理屈だったね。
私の場合、管理職じゃなかったので、残業代もらって当然だったのだが、
当然、上限はあったわけで(22時までで、毎月の上限も決まっていた)、
それを超えて無制限に支給してくれた事には感謝しなければね。

マックの店長さんの奥さんのコメントに、
「死んでからでは遅いんです」といった言葉があったが、
ホントねー、私なんか数ヶ月だったからまだしも、
こんなのが数年も続いたらえらいことですよ。
てゆーか、数ヶ月だってシンドイ・・・

私の場合は、今となっては懐かしいというか、
なんかこう、良い経験をさせてもらったという想いが残っている。

一人じゃなかったというのもあるかな。
小集団でね、半ばヤケクソ気味にやってたかな。あ、火事場のくそ力と言うのか(笑)
どうせ朝まで寝れないんだしって、夕食の時はビール飲んじゃったりしてね。
でまぁ、へんな団結力・絆みたいなものも出来るわけですよ。

でもね、その当時、すごい金額の残業代もらって、
おー、毎月がボーナスじゃん♪なんて喜んでも、使うヒマないんだよ(爆)

つくづく、「ゆとり」って大切なんだなぁって感じた。

マックの店長さんに、平和が訪れることを祈っていますが、
このまま会社にいれるんでしょうか?
これからどうなるの?って妙な心配をしてしまいますね。
頑張ってください・・・いや、頑張らないで、ゆとりのある人生を生きて欲しいな。

« ガン闘病:ダイジェスト | トップページ | 超過勤務~追記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとに。
私もかつて日本のサラリーマンとして働いていたのでよく分かりますー>激務。
毎日「4時間寝たら死なない」と念仏のように唱えて、睡眠4時間を死守していたよーな・・・。
samさん同様、そーゆーイケイケドンドンな体育会系の社風と体育会系の同僚だったから、
それでもやってけたのかも。20代だったし。
普通のOLさんのようなことは7年間できなかったなぁ。
仕事帰りにデパートでショッピングとかー、
友達とカフェで待ち合わせて夕食とかー。
退職してから、十分すぎるほどmake upしましたが。

しかし、身体は正直で、年中顔中吹き出物だらけで、
風邪ばっか引いてたわ、膀胱炎はしょっちゅうだわ、
C型肝炎にはかかるわ、歯医者にも行けないわ、
激務だった数年は、なんだか抗生物質漬けだった気がします。

そんなかつての20代同僚たちもいまや四十路。
今もまだ働いている男性と一部キャリア女性は、相変わらず馬車馬のようなワーカホリックぶり。
休みもなけりゃ、余暇もない。女性は子供産むヒマもなさそうだ。
なのに、主婦になった女性たちは、働いてなかったり、暇つぶしの小遣い稼ぎにパートタイム。
離婚した人や、離婚したい人は、たとえ能力がどうであれ人物がどうであれ、本格的社会復帰は難しい。
どうやら女性で四十路という年齢がダメらしいです。
日本のジョブセンターで私はアゴが外れそうになりました。イスラムの国に迷い込んだのかと思いました。

ああ、この不思議な格差、アンバランスな社会って一体?
かたや馬車馬でフラフラ、かたや仕事したくても職にありつけない。
何か、おかしい。

あ、ちなみに私は、その当時に比べると今は劇的に健康ですが、
後遺症として、5時間以上連続して眠ることができません。
だから、授業中うっかり居眠りをしてしまいます。>カレッジでも有名。(そんなんで有名って・・・。とほほ)

長レスになって、すいません。

tomoroさん

こんにちは。

そうですねぇ、なんか変ですよね。。

アメリカ主導・・・と言うより、アメリカ従属型の資本主義社会っていうのは、もう限界に来てるっていう事じゃないでしょうか?

ヨーロッパの方が、うまくやってますよね。
フランスはどうなるか分かりませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113413/17960413

この記事へのトラックバック一覧です: 超過勤務:

« ガン闘病:ダイジェスト | トップページ | 超過勤務~追記 »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ