« GWの収穫 | トップページ | 「近藤誠」論 2 »

2008年6月29日 (日)

「近藤誠」論

近藤誠氏の最新刊「名医の「有害な治療」「死を早める手術」 (だいわ文庫 C 104-1)」を読んでみた。

過去の対談(というより討論)を収めたものであるが、病気を発見するとはどういうことか?病気を治療するとはどういうことか?について、いまだに新鮮な疑問を生起させてくれる。
近藤氏が絡むので、メインはガンの話であるが、それ以外のエリアにもまたがる話題もある。

患者よ、がんと闘うな (文春文庫)」に衝撃を受け、その直後に自分がガンになって以来、近藤氏の著作には注目してきた。
実は私は、彼の説には概ね賛成なのであるが、全てに同意するという訳でもない。
でもまあ、彼の著書があって、ガン患者としての私の方向が決まったとも言える。
一応そんな前提で、この最新刊を片手に色々と考えてみようと思う。

・・・次回以降です(笑)

« GWの収穫 | トップページ | 「近藤誠」論 2 »

ガンを癒す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113413/41688155

この記事へのトラックバック一覧です: 「近藤誠」論:

« GWの収穫 | トップページ | 「近藤誠」論 2 »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ