« ガンとホメオパシー | トップページ | リレー講演 »

2010年4月18日 (日)

千百人集会

6月3日、4日、ついに伝説の千百人集会が開催されます!
以下に、マスコミ向けリリースを掲載します。
来てね!!


ガンを治した100人が集結!


これから治す1,000人を励ます、

笑顔の大交流会


『第2回 千百人集会』開催!


~手術などの三大療法以外の方法でガンを治した自然退縮者も多数登場~


NPO法人 ガンの患者学研究所(所在地:神奈川県横浜市、代表:川竹 文夫)は、
手術などの三大療法以外の方法でガンを治した自然退縮者を含む100人が体験談を語り、これから治したい1,000人のガン患者さんを励ます交流会『第2回 千百人集会』を、201063()4()2日間、パシフィコ横浜会議センターにて開催いたします。

2003
年に開催され大成功を収めた『第1回 千百人集会』は、闘病中のガン患者さん1,000人と、ガンを治してすっかり元気になった元患者さん124人が集まり、2日間に渡って徹底的に体験の交流を行う、勇気と希望に満ちたものでした。

この集会の特徴は、その規模もさることながら、100人もの治った人が集まることです。

ガン患者さんが何よりも心待ちにしているものは、言うまでもなく「治る」という希望。100人もの治った人を実際に目にすれば、治るということが他人事や例外ではなくなります。

『第2回 千百人集会』に集まる治った人たちは、余命宣告、末期、手術不能、再発、転移など、様々な状態から生還し、ガンになる前よりも元気で幸せな人生を楽しんでいる、笑顔の素敵な人たち。

どんな絶望的な状況でも必ずチャンスはあるのだと、勇気と希望を与えてくれます。




その中のひとり、星野 由紀子さんは、

2005年、看護師として在職中にスキルス胃ガンを発病。Photo_2

 

働いていた病院で、多くのガン患者さんが苦しみながら亡くなっていく姿をつぶさに見てきた経験から、余命半年と言われながらも、手術をせずに治す決心をしました。

何度も吐血して救急車で運ばれる危機を乗り越えて、20079月、ついにガンが消滅したのです。


『第2回 千百人集会』には、星野さんをはじめとして、三大療法(手術・抗ガン剤・放射線)以外の方法でガンを治した自然退縮者も多数登場します。

ガンの自然退縮は、西洋医学では有り得ないこと、例外として捉えられております。医療の現場でそうした人が出ても、あくまでも例外。それどころか誤診として片付けられてしまうこともしばしば。

 

しかし、このパンフレット をご覧ください。掲載の方々は、全員ガンが治った人ですが、自然退縮者が13人もおります。

この数を知れば、大抵の医師は驚愕するか、あるいは全く信じようとしないでしょう。

そして、こうした自然退縮者本人が何人も公の場に登場する機会は、世界でも『千百人集会』をおいて他にはないはずです。

 

もちろん自然退縮だけではありません。初期から末期まで。多臓器転移からの、再再発ガンからの、そして余命宣告からの生還・・・ここにあるのは、あふれんばかりの喜びと誇りです。ガンという悪夢を跳ねのけて、新しい命を獲得した人たちの命の跳躍です。

 

この笑顔、笑顔、笑顔・・・・!

 

ガン患者を集めるイベントで、こんなに心底明るいものがかつてあったでしょうか。こんなに希望に満ちたものが、他にあるでしょうか。

 

彼らの存在は、ガンは治すことが出来るものであること、そしてさらにガンを治した先には、もっと健康で幸せな人生が待っていることを教えてくれます。

精神神経免疫学では、あらゆる病気の発病と治癒に、心が決定的影響力を持っているといいます。

笑顔と希望こそが、ガンを治す上で重要なカギを握っているのです。

 

100人もの治った人が体験談を語り、心の交流を図るこの大集会は、

これから治したい1,000人のガン患者さんにとって、最高の励ましとなるでしょう。


『第2回 千百人集会』概要

日時  : 201063()4() 2日間
      312:00193048:3016:00 予定
場所  : パシフィコ横浜会議センター
      〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
参加費 : 24,000(2日通しのみ) ご家族ペアの場合は45,000
      (ガンの患者学研究所『いのちの田圃の会』会員割引あり)
     宿泊費は含まれておりません。
詳細URLhttp://www.naotta.net/1100/top.html

●参加費について●

百パーセント患者の立場に立つため、私たちは一切のスポンサーや広告を取らず、組織運営、会報発行、イベント等、すべて自前でまかなっています。
お金をもらってどうして本当のことが言えるでしょうか。
参加費には、その決意が込められています。

 

<お問い合わせ先>
NPO
法人ガンの患者学研究所
TEL
045-962-7466

NPO法人 ガンの患者学研究所について◆

代表   : 川竹 文夫(かわたけ ふみお)
本部所在地: 〒227-0033 横浜市青葉区鴨志田町569-1-17-105
設立   : 1997
会員組織 :『いのちの田圃の会』 会員数 2,700
支部   : 全国に50ヶ所以上
      支部はすべて『いのちの田圃の会』のガン患者さんと

そのご家族のボランティアで運営
URL
   : http://www.naotta.net

「ガンは治る。再発・転移はもちろん、手遅れと言われた末期ガンも、やはり治る。治す力は、あなたの中にすでにある」。自ら腎臓ガンになった川竹 文夫が、この言葉をかかげて1997年に設立。
下部組織である『いのちの田圃(たんぼ)の会』は、全国に約50の支部を持ち、毎月、例会を開き、学びと実践を深めています。

ガンという最悪の出来事を、人生最大の恵みに変えられるような人が増えることを願って、ガン患者さんをサポートしています。
小さなボランティア団体ですが、元ガン患者である代表 川竹をはじめ、スタッフにも元ガン患者やガン患者の家族がおり、治った患者さんの笑顔が見たいという熱意はどこにも引けをとりません。

代表 川竹 文夫 略歴◆
1990
年、NHKのディレクターを務める中、腎臓ガン発見。日本国内、海外の生還者体験談を集め、発病から2年後その成果を3本の1時間番組、教育テレビスペシャル『人間はなぜ治るのか』にまとめ、大反響を得る。1995年、番組内容に大幅な追加取材をし『幸せはガンがくれた』を出版。1997年、NPO法人 ガンの患者学研究所設立。

※NPO
法人 ガンの患者学研究所は、神奈川県から認証された特定非営利活動

法人です。一切の宗教、政治、商業主義とは無関係です。

« ガンとホメオパシー | トップページ | リレー講演 »

ガンを癒す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113413/48123004

この記事へのトラックバック一覧です: 千百人集会:

« ガンとホメオパシー | トップページ | リレー講演 »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ