« 2012年1月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年2月16日 (木)

生きる勇気

「10万人に1人しか治らないガンです(ガン以外の病気でもいいけど)」と言われたら、どうするだろう?
人によっては、10万人に1人でなくて、「あなたはガンです」と言われても、同じショックかもしれないね。ガンは治らない病気だと思われているから。

「もうダメだ」と思う?
それとも、「ゼロじゃないなら希望はある」と思う?

よく、半分だけ水が入っているコップが例えに出されるけど、「10万人に、たったの1人」と「ゼロではない」。数字の上では、どちらも「1人」である。
それを「たったの1人しかいない」と絶望するか、「1人でもいるならば」と希望を持つかによって、はじめて「1」という数字、つまり事実に意味が与えられることになる。
「1人」という事実は、ただ厳然とそこにあるだけ。どういう風に解釈しようと事実は変わらない。
けれど、事実をどう解釈するかで、自らの世界は変わるのだ。

もっとも、データなどが間違っていたとか、後で別の理論が取って代わったとかいったことが起きるかもしれないから、事実(とされている事象)の方も変わるかもしれない。
であるならば、尚のこと、目の前の事象をどう解釈するかの方が大切だろう。
治そうとするなら、治したいなら、絶望と諦めの心で臨むよりも、勇気と希望を持って進む方がいい。

言うまでもなく、ガンは命懸け。そこで訪れる場面それぞれにおける解釈が、その先の自分の世界を、人生を、左右することになる。

では、何が解釈をもたらすのか?
それは、いわば魂の叫びだ。心から求めるものは何か、である。
ニーチェによれば、「まさしく事実などは存在せず、ただ解釈のみが存在する」。そして「世界を解釈する主役をなすものは、われわれの欲求である」。

ガンと宣告され、場合によっては10万人に1人しか治らないとか、余命数ヶ月といった場面でこそ、生への欲求が問われるのではなかろうか。

生きているのが、あまりにも当たり前すぎるからなのか、生きることへの自分の真剣さと向かい合うということを、わたしたちは、つい忘れがちである。
人はいつか死ぬ。そのことは頭のどこかで了解しつつも、日常の営みにとらわれることによって他人事として忘れ去っている。ハイデガーは、こうしたいわば死の恐怖からの逃走を『頽落(たいらく)』と言ったのだった。

ところが、ある日突然、ガンと言われた時、死というものが、突然、現実として自分に迫ってくる。
その途方もないショックに打ちひしがれて、大抵の人は「死にたくない」と思う。わたしもガンと分かった当初はそうだった。
だが、「死にたくない」という欲求と、「生きたい」という欲求とは、実は似て非なる欲求である。
怖いからどうにかして、ではなくて、治してどんな人生を送りたいか。恐怖に追い回された逃避と、将来の目的に支えられた勇気とでは、進む方向がまったく違うはず。
死がリアルに感じられるこの場面でこそ、自分がどれだけ生きたいか、再度、自分自身に問うべきではなかろうか。
怖くて当たりまえ。けれど、ここで足踏みとどめて問う心、問う態度こそ、生きる勇気に違いない。

そして、そうして問う人にとって、ガンは天からの愛のメッセージとなるのだろう。

2012年2月14日 (火)

治療とは?

市川加代子先生による、手当て実習会に立ち会っていて、ふと思ったこと。

治療って何だろう・・・?

病気を治そうとする時に、特に、ガンのような一般に「不治の病」とされているものを治そうとする時、ヒトはどんな状態なのか、あるいは、治すにあたって、何が欠けているのだろうか。

ガン患者さんたちを前に、そう思い巡らせてみた時、浮かんできたのが『自己信頼』というコトバ。

ああ、そうか・・・。
随分たくさんのガン患者さんたちとお会いしてきたけれども、彼らに一番必要なのは、自己への信頼なのだろう。
つまりは、自分が持っている自然治癒力への信頼である。
だって、殆どの人は、自分の力がガンを治してくれるとは思っていない。
その象徴的な行為が、侵襲的治療をして、自然治癒力を痛めつけること。

けどね、擬人的だけれど、あなたが自然治癒力を信頼していないから、自然治癒力の方も、あなたを信頼してくれないわけ。
だから、一所懸命、手当てや自然療法をやっても、なかなか思うような結果が得られない。

じゃあ、信頼を取り戻すには、どうするんだろうね?

とにかく語りかけるんじゃないかな?何かをするという行為も含めて。
すると、例えば、手当てをして身体に働きかける、あるいは、瞑想やイメージ・トレーニングをして心に働きかけるというのが、相手への語りかけ。
それらによる心身の反応を観る・聴くというのが、相手の声を聴く、傾聴。
相手って、自分だけどさ。

そうやって、少しずつ少しずつ、自己信頼を取り戻していく。
治療の大きな意味のひとつは、語りかけること。
語りかけ、耳を傾けることで、自己信頼を取り戻すキッカケをつくることなんだ。

そんな気持ち、態度で、自然療法に取り組んでみてください。
誰よりも、あなた自身が、あなたの中心から離れていかないように。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年8月 »

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ