ホメオパシック・ソフトウェア

2006年10月11日 (水)

RadarとMacのインストール

ソフト関係でコメントを頂いたついでに、1つ私の経験を書いておこう。

私は最初Radarを買って、次にMacRepertoryを買った。
Mac自体のインストールでトラブルがあったのは、以前の記事で書いたが、後日インストールに関して新しい発見があった。

ある時、RadarのUpdateがうまく行かなくて、一旦アンインストールして再度インストールしたのだが、今度はMacが壊れた。こういう事が2回程あった。
どうやら、
Radar=>Macの順にインストールすると問題ないが、
Mac=>Radarの順にインストールするとMacが壊れるらしい。

こんな目にあったのは私だけか?
さすがにこの件は、サポートに聞けないよねぇ・・・(苦笑)
両方持っている人は気をつけた方がいいですよー。

2006年1月29日 (日)

マック・レパートリー購入

MacRepertoryを買った。
結局ISISは、ライブラリーの本の数が少ないので後回しになった。

さて、まずはインストールがうまく行かなかった。
忙しい時に限って・・・人生こういうものか~と苦笑。
ちなみに、インストールの手順自体は、Radarよりも簡単である。

私が購入したのは、Everything Pro Ⅲという、殆ど全部のオプションが入っているもので、Complete 2005とMassimo's Clinical Repertory Ⅱも付いている。
ところがインストールしたら、肝心のこの2つが使えない!
ゲゲッ、これじゃあ意味が無いじゃないか(涙)
PCとかソフトの用語って、日本語だってムズカシイのに、英語で説明せにゃあならんのかー?と思いながら、とりあえずサポートにメールをしてみる。
対応は早くて、結局メール5往復ぐらいで解決した。
あーよかった。あとは早く使い方を覚えなければ!

Radarを使い慣れているせいか、Macはナカナカ難しい。
Radarは適当にいじくり回していれば、すぐに使えるようになるが、Macはそうはいかないみたい・・・
私の先生、Nickが、「MacはLabor-intensiveだ」と言っていたのを思い出した。
彼がそう言うという事は、他の人にとっては相当な重労働だという事だ。NickのタイピングやPCを操るスピードは超人的である。(彼は、話しているスピードと同じ速さでタイピング出来る。セッションでも、会話を全部タイプしてしまう。)

レパートリーについて言えば、Macは操作以前に、Repertoryについて、つまりはRubricについて良く知っていないと、使いにくいかもしれない。Radarは、Rubricsをあまり知らなくても、どうにかなる。まあ、もう少し使ってみないと何とも言えないが・・・
Nickに授業以外で、Macの使い方も教わらないといけないかな~?
とりあえずマニュアルDVDを観てみるか。

今回の購入に当たっては、50%のディスカウントが受けられた。(だから買ったのだけど)
ちょっとした裏技?でも何でもないと思うが、Radarを持っている人は、50%のディスカウントが受けられる。(イギリスだけかも知れないので、購入を検討している方は、セールス・レップにご確認ください)くれぐれも、請求書・領収書は捨てないように!提示しないとディスカウントは受けられません。
従って、PCレパートリーの購入に迷っている人は、まずRadarの一番安いパッケージを買って、使い勝手や、自分の用途等に照らし合わせて、Radarをアップグレードするか、Macを買うかを考えるというのも良い作戦だろう。
どちらが良いかは、学んでいる学校、先生、自分のスタイルによると思う。段々そうなってくるだろう。
でも、いずれにしても、PCの助けは必要である。先生によっても、教えるという過程において色々な考え方があると思うが、遅かれ早かれ絶対に必要なものである。ならば早いうちから有効に活用すべきと思う。

昨日、案内メールが来て、ライブラリーがボリュームが増えて新登場だと!
買ったばかりなのに、もうアップグレードかいな・・・
ディスカウントしてくれないかなぁ?聞いてみようっと。

2005年10月16日 (日)

ISIS追加情報

私の同僚のSさんが、先日プレゼンをしてくれたISISのセールス・レップに問い合わせをしてくれた。

現在のISIS v2は、日本語版Windowsでは、正常に作動しないそうだ。Windows側で、何らかの操作をしなければならないとのこと。どういう操作なのか、詳しくはもっと突っ込んで聞いてみないと分からない。

ISIS v3では、この問題は解消され、今年の年末あたりに発売される予定。
購入を考えている人は、年末まで待った方がいいだろう。
あるいは、この不具合を理由に、ディスカウントとv3への無料アップグレードなどを交渉するという手もあるかもしれないが(笑)

ちなみに、Complete 2005はオプションであるが、本体と同時購入の方が値段が安いそうだ。

2005年10月12日 (水)

ISIS(ホメオパシック・ソフトウェア)

ISISというソフトウェアのプレゼンテーションを聞いた。

かなり色々と分析できるし、Sankaranのセンセーション&マヤズム、Scholtenのミネラル(周期律)も導入されている。Familyによる分析も出来る。何よりも良いのは、レパートリーとライブラリーが1つのプログラムになっているという点だ。

私はRadarを使っているが、分析ツールが弱い。プログラムは、Scholtenを含めると3つになってしまう。ただ現状、Radarが唯一、SynthesisとCompleteを一緒に使えるソフトである。これが最大のアドバンテージ。

MacRepertoryは、使ったことはない。ライブラリーの充実度は群を抜いている。分析も色々と出来る。但し、使いこなすのに時間が掛かるのと、1つの事をするのにいくつもの操作が必要らしく、労力が要るようだ。またウワサによれば、Windows XPでの動作が安定しないとか(元々マッキントッシュ用)。あと、とにかく値段が高すぎる!

ISISは、飛びぬけて値段が安い。フル・ヴァージョンでも600ポンド程度だ。新しいProvingが出たら無料で自動Updateするらしい。ライブラリーがもう少し充実したら、買ってもいいなと思わせるモノである。昨日まで、Macの購入を考えて、資金繰りを算段していたのだが、ISISが有力候補になった。

Twitter

  • Sam's Twitter

Samのオススメ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ